子どもの感受性を育むには、赤ちゃんの頃からたくさんの色と触れ合うことがカギだった!

おうち遊び

赤ちゃんの色の認識が始まるのはいつからなのでしょうか?

赤ちゃんは生まれたての頃は白、黒、グレーなどの色がぼんやりと見えているのみで、目が発達していくのとともに色を識別できるようになってくると言われています。

スポンサーリンク

赤ちゃんの色の認識はいつから始まるの?

   赤ちゃんの色の認識について

生後1か月…光の明暗がわかるようになる。

生後2か月…赤・緑などの色の違いがわかる。視力は0.01くらい。

生後3か月…動くものを追う追視の能力が機能し始める。視力は0.02くらい。

生後4か月…奥行きがわかるようになってくる。青、黄などの色が認識できるようになってきて、色覚がほぼ完成する。視力は0.03くらい。

生後5~6か月…近くのものや人をはっきり見ることができるようになり、よりたくさんの色の認識、区別ができるようになってくる。視力は0.04~0.1くらい。


赤ちゃんははじめ、光を通して外の世界を認識するため、色彩的に明度の高いパステルカラーや、黄・赤・オレンジなどの暖色系を好む傾向があると言われています。
しかし、パステルカラーなど淡くて薄い色は認識しにくいと言われており、はっきりした原色は乳幼児にとって見えやすく、適度に刺激を受けるため喜ぶ子が多いようです。

だから赤ちゃんのおもちゃって原色やはっきりした
色合いのものが多いのかな~?

五感を刺激して色を覚えよう!!

色の名前を言えるようになるのは何歳くらいから?
これは大きく個人差があるのですが、ものすごく早いと1歳半、平均的には2~3歳くらいから、
赤・青・黄・緑の原色を理解し、言えるようになる子が多いようです

ではどのくらいの年齢から、色を教えるとよいのでしょうか?

赤ちゃんの時期の色との関わり方

色の識別ができるようになる6か月くらいからといわれているため、この時期から少しずつ声掛けをしたり、身の回りのものの色を意識してみるとよいかと思います。

白や黒ばかりの部屋や無彩色の部屋で子どもを育てると、色の情報が少ないため、視覚に適度な刺激が与えられず、色に対する認識能力が低くなる恐れがあります

色を認識し始める赤ちゃんの頃からよりたくさんの色に触れ、刺激を与えてあげることにより、色彩感覚が豊かになり、色に対する感受性が育ちます

赤ちゃんの服やおもちゃを選ぶ際には、黒や白といった単色で統一せず、意識してなるべくいろいろな色を取り入れるようにしましょう
また、赤ちゃんが最も興味を持つ母親の服やインテリアや家具の色に色味を配置するのも効果的です。
そして、日常生活の中で「このうさぎはピンクだねー!」「このりんごは赤だねー!」などと物の名前を口に出すときに、色の名前も一緒に言うようにすると、より効果的に覚えることができます。

幼児の時期の色との関わり方

1歳をすぎると、少しずつ言語が覚えられてくるようになってくるため、この時期から
本格的に色を教えていくのがベストかと思います。

お絵かきや工作をして覚える
お絵かきに興味を持ち出すようになる子がふえてくるため、実際にクレヨンなどを使って一緒にお絵かきをして色を覚えるのも良いかと思います。
色鉛筆や絵の具にステップアップしたり、折り紙を造って工作してみるのも良いでしょう。



カラフルなおもちゃを使って覚える
幼児向けのはっきりとした色味のおもちゃや、いろいろな色のボールが入っているボールプールを
使って遊ぶのも良いかと思います。我が家はよくボールプールで色の名前を言ってボールを渡す遊びをしていました。
色がわかるようになってきたら、「赤色のボールをちょうだい!」というように色を言って、その色のボールを取ってもらうという遊び方を良くしていました。



歌を使って覚える
「どんな色がすき」我が子はこの歌で覚えました。
YouTubeで検索してみると、いろんな動画があるのでぜひ参考にしてみてください。




絵本を使って覚える
色についての本がたくさん出版されています。
なかでもおすすめなのは100円ショップの”ダイソー”の”いろのえほん”です。
とてもしっかりした作りで、10色の色のイラストやめくってみたくなるような仕掛けなどがあるのでおすすめです。

その他にはお子さんが興味を持つような、キャラクターのことば図鑑などもおすすめです。



大きくなると、自然と色は覚えられてくるので、早くから教える必要はないのでは?という考えもあるかと思います。
早くから色について学ぶことで、ものと色の結びつきを覚えたり、言語の発達を促進したり、感性を育てることができるのでおすすめしたいです。

たくさんの色と触れ合い、子どもの感受性を育てよう!

お子さんが、絵を描いているときに普通とは異なる色で描いていたとしても、強制して「これは〇色だよ」と正すことは必要はありません。
強制することによって、かえって子供の経験や表現力を狭めてしまう可能性があるため見守ってあげるようにしましょう。
何よりも大切なのは、よりたくさんの色と触れ合うことです。
色彩感覚は18歳ごろまでに養われると言われており、乳幼児期に楽しく自由に色を表現する経験を積んできた子は、自分らしい色彩感覚を身に付けることができるでしょう。

基本的な種類の色の名前を覚えることができてきたら、さらにもっとたくさんの色を覚えられるように色の多い色鉛筆や、折り紙などを積極的に取り入れてステップアップしてみるとよいかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました