東京エレクトロンの元素周期表を使って身の回りにある化学を身近に感じよう!

おうち遊び

皆さんは身の回りにある化学物質について、どれくらい答えることができますか?

私たちの身の回りにある、機械や食品や衣服などは化学の力を用いて作られているものがほとんどです。

現代社会の中で科学の力は私たちの暮らしに必要不可欠です。

そんな化学について、お子さんと一緒に楽しく知識を身に付けてみませんか?

スポンサーリンク

元素周期表とは

私たちの身近には化学の力を使って作られた物質で構成されているものがほとんどです。

その物質を細かく分解していくと酸素・水素などどといった「元素」と、水・二酸化炭素のような「化合物」に分けることができます。

「元素」…物質を化学的に分けていき、最後に得られる要素。
「化合物」…化合の結果でできた物質。

今回はこの「元素」にスポットをあてていきます。

この元素をそれぞれがもつ物理的または
化学的性質が似たもの同士が並ぶように決められた規則に従って配列されているものが元素周期表です。

我が家の元素周期表↓です。

1年近く前から貼っているので少しボロボロになってきてしまいましたが…

大変おすすめなのが東京エレクトロン株式会社さんの「元素周期表」です。

なんとARになっているので、無料アプリをダウンロードしスマートフォンをかざすと一部の元素が立体的に表示されるんです。

こちらの元素周期表は日本語版、英語版、元素歴史年表の3種類があって、大きさもかなり大きいので、壁に貼るとお子様の興味を惹きだすきっかけになるかと思います。

しかも、こちら希望の枚数の郵送料分の切手を添付した返信用封筒を郵送すると、送料分のみで送ってもらえるんです!!!

クオリティーの高さ!!!

詳しくは下のURLを参照してみてください。

我が家ではリビングに貼ってあるのですが、2歳半の息子が興味津々で、近づいてきては「すいへいりーべ、ぼくのふね!※(元素記号の覚え方の語呂合わせ)」と言って楽しそうに指差しをして遊んでいます。

わかりやすいイラストや説明文が載っているのでもう少し大きくなったら、家の中や外へ行ったとときに「鉄」や「アルミニウム」などの身近な物質を一緒に探してみたりして遊んでみたいなあと思います。

実際に探す体験をしてみることで記憶に定着しやすくなるし、小さい頃から化学への興味をもってくれるとよいなと期待しています。

皆さんもぜひ元素周期表で化学を身近に感じてみましょう!

これで、未来のノーベル賞受賞も夢じゃない!?

コメント

タイトルとURLをコピーしました