【簡単】子どもにおすすめ!すぐ作れる折り紙の折り方4選!

おうち遊び

折り紙で遊ぶことは子どものいろいろな能力を鍛えるメリットがあります。

折り紙で遊ぶメリット
  • 手先が器用になる
  • 集中力、忍耐力が身に付く
  • 思考力、創造力が育まれる
  • 色彩感覚が豊かになる
  • 空間認知能力が鍛えられる
  • 記憶力が鍛えられる
  • 達成感を味わい、自己肯定感を高める

今回は、簡単に折れる折り紙の折り方について紹介します。

簡単に作れることによって、子どもに達成感を味わってもらい折り紙で遊ぶことを好きになってもらうことがねらいです。

スポンサーリンク

【折る回数別】1歳~6歳向け 折り紙の簡単な遊び方 

1回折り【とり・ペンギン の折り方】

1歳後半~2歳児にオススメの遊び方です。

1.好きな色の折り紙を用意します。
2.白色の面が表にするように置き、図のように1回折ります。
3.ペンやシールで「目」、「くちばし」、「羽根」を書き加えて完成!!
また、青系の色で作ると、ペンギンになります
(顔こわいしくちばしの位置変…)

2回折り【おうちの折り方】

こちらは少し工程数が多いので、3~4歳向けです。

1.好きな色の折り紙を裏向きに置きます。
この時上半分の真ん中に上のように印をつけると折りやすいです。
2.屋根部分を折ります。
先ほどの真ん中の印に合わせて折るときれいに折れます。
3.反対側も同じように折ります。
4.窓を描いたり、シールを貼って飾りつけして完成!
(なんか変なのいる…)

3回折り【いぬ・ねこ の折り方】

こちらはきれいに角を合わせたりする必要があるので、4歳くらい向けです。

1.折り紙を用意し、白の面を表にして置きます。
2.三角に折ります。
3.図のように上側に折り、耳を作ります。
4.反対側も同様に折ります。
(あ、これ赤とかで折ってチューリップにしてもいいですね)
5.上下をひっくり返します
(はい、だんだん犬に見えてくる~見えてくる~)
6.ここで裏表ひっくり返すとねこになりまーす。
7.シールを貼ったり、顔を描いたりしていぬの完成!
(怖いと泣かれました。絵心大事。)
8.ねこも同様にシールを貼ったり、顔を描いたりして完成!!

今回は、シールを貼る練習も兼ねて息子と作ったので、シールを使っていますが、
描くだけの方が可愛くできるかもしれないです。

そして、犬と猫はそれぞれ別の折り紙で作っても良いですが、面倒なので裏表で作ったところ
息子はひっくり返してエンドレスで遊んでいたので結果オーライでした。

【上級編】幼児向け折り紙遊び方   

ごっこ遊びに最適【ポテトの折り方】

こちらは組み合わせが必要なので、5歳以上向けです。

みんな大好きポテト!!作り方をマスターしてお子さんに自慢しちゃいましょう!

1.折り紙を2枚用意します。
(ポテトの色と、容器の色)
2.まずは容器から折ります(赤~赤~♪)
3.三角に折ります。
4.上図のように右下から折り上げます。
5.反対側も同様に折ります。
6.上図のように上側から折り返します。
7.ひっくり返し、裏側も同様に折り返します。
8.続いてポテトを折ります。
9.半分に折ります。
10.さらに半分に折ります。
11.さらにさらに半分に折ります。
12.開きます。
13.上図のように、山折り・谷折りが交互になるように折り直します。
14.ぎゅーっと押さえながら上のような状態にします。
15.ポテトの形に見えるよう、少しずつ開いていきます。
16.下半分を折り上げて、さらに重ならないように開いていきます。
17.容器に入れて完成!!!
シールを貼ったり絵を描いてもかわいいよ♡

ポテトは少し難しいですが、何度も折ることで折り方を記憶に定着させたり、
たくさん作ってごっこ遊びをするなど遊び方が広がるのでぜひお子さんと一緒に挑戦してみてくださいね!!!
また、年齢の目安を描いていますが、おうちの方が手を添えて補助しながらつくる場合はどの作品も年齢に関係なく楽しんでいただけるかと思います。

2歳の息子がポテト大好きなので、我が家はポテトだらけです!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました