マインクラフトで子どものプログラミング思考能力を育てよう!

おもちゃレビュー
スポンサーリンク

2020年、プログラミング教育が必修化

2020年、プログラミング教育が小学校で必修化されます。
プログラミングと聞くと難しそうなイメージがあったり、家庭で子どもに教えることがあまりイメージができないかもしれませんが、ゲームを使って簡単にプログラミング思考能力を育てることができます

実際に海外の学校でプログラミング教育の教材として高く評価されているのが、
”MINECAFT(マインクラフト)”というゲームです。
”マインクラフト”とは2009年にスウェーデンに本拠を置くゲーム会社である”Mojang AB”が開発を手掛けたオープンワールド型のサンドボックスゲームです。
日本でも一部の子ども向けのプログラミングスクールなどで教材として使用されています。

このゲームは現在、世界で最も売れているゲームで、パソコンやニンテンドーSWITCH、3DS、プレイステーションなど、いろいろな媒体でプレイすることができます。
日本では有名なYouTuberの方が”マインクラフト”をプレイしており、実況動画がたくさん配信されているため、興味をもつ小学生が増えてきています。
子どもだけでプレイするには難しい要素もたくさんあるので、子どもだけでなく大人も十分に楽しむことができます。


プログラミング的思考とは?

新学習指導要綱の中で文部科学省はプログラミング的思考を「自分が意図する一連の活動を実現するために、どのような動きの組み合わせが必要であり、一つ一つの動きに対応した記号を、どのように組み合わせたらいいのか、記号の組み合わせをどのように改善していけば、より意図した活動に近づくのか、といったことを論理的に考えていく力」と述べています。

プログラミング的思考とは、コンピュータやプログラミングの概念に基づいた問題解決型の思考のことです。
コンピュータで処理する対象を細かく分けて、実行するために繰り返したり条件分岐を用います。大きなプログラムを開発する場合は処理する単位をできるだけ細かくし実行しやすくするのです。

この考え方は、社会問題の解決においても活用することができ、多様化・複雑化した問題を細かく分けることで解決しやすくすることができます。

プログラミング思考を育てる、マインクラフトとはどんなゲームなのか?

”マインクラフト”とは簡単にどんなことができるゲームなのかというと、自由にブロックを設置して様々な建物を造ったり、畑を作って野菜や穀物を育てたり、いろんな種類の動物を飼育したり、線路をひいてトロッコを走らせたりなどをして自分だけの村づくりを楽しむことができるゲームです。

プログラミング思考能力…自分のやりたいことを実現するためにどのような動きの組み合わせが必要になるのか、どのように改善したら理想に近づくことができるのかをゲームの中でいろいろ試しながら論理的に考える力が身に付きます
論理的思考能力…つくりたいものがあれば、それをつくるためにはどんな道具が必要か、どういった方法で手に入れるのかを順序を考え実践していくことで、物事を筋道立てて解決するための力が身に付きます
問題解決力…倒すのか難しい敵や手に入れにくい素材が必要になることがあったり、様々な問題が次々発生するため一つずつ解決して達成感を味わうことにより、考える力・問題解決力が身に付きます
調べる力…自分の力だけでは難しいことは攻略本やインターネットを駆使して検索することで、調べる力、何が本当に正しい情報なのかを判断する力が身に付きます

このゲームにはいろいろなモードがあって、主に二つのモードが主流になっています。

クリエイティブモード

・アイテムやブロックを自由に使うことができる(一部制限あり)
・空腹になることや体力ゲージがないのでほぼ死んでしまうことがない
・モンスターに襲われることがない
・空を自由に飛んで移動することができる
・ツルハシなどの道具を使わずに瞬時にブロックを壊すことができる

もう一つのサバイバルモードで手に入れるのが大変なブロックやアイテムを自由に生み出して使うことができるので純粋に建築を楽しむことができるモードです。
モンスターに襲われることがないので初心者でも楽しみやすいです。

自分だけのオリジナルな村が作れてとっても楽しいよ!!!

サバイバルモード

・木や土や鉱石など様々な素材をすべて自分で集めていく必要がある
・アイテムやブロックなどを回収するための剣やツルハシといった道具もすべて自分でつくらなくてはならない
・モンスターに倒されてしまったり、高所からの落下により死んでしまうことがある
・空を飛ぶことができないため、遠い地点への移動が時間がかかる

しかし、こちらは難易度を「ピースフル」、「イージー」、「ノーマル」、「ハード」と四段階で変えることができるので、冒険を楽しみながら建築などを楽しむこともできます。

苦労する分、達成感が大きいよ!!!

野菜を育ててみよう
野菜や穀物を育てることで、料理が作れたり、動物に食べさせることで繁殖が可能になります。
動物によって食べる食べ物の種類が異なってくるため、あらゆる野菜や穀物を育てる必要が出てきます。
効率良く育てる方法を自分で考えなくてはなりません。
また、サバイバルモードでは空腹により体力が消耗してしまうので、定期的に食べ物を食べる必要があります。

建物をつくってみよう
れごぼろっくのように様々なブロックを組み合わせて大きな建物をつくることができます。
サバイバルモードでは、夜になるとモンスターが出現して襲いかかってくるので、建物をつくって安全を確保する必要があります。
モンスターに倒されてしまうと、その時点で持っていたアイテムはすべてその場に落としてしまうので、生き返った地点からそこまで戻り回収をしなければなりません。
その手間を省くためにも、収集したアイテムをしまうチェストを建物の中につくり、適宜保管しておくのがよいかと思います。

また、このゲームはオープンワールド型のゲームのため、移動するのにとても時間がかかることがあります。新しい村を発見した場合など、自分の村から線路をひいてトロッコを走らせると効率よく移動ができるようになります。

上級者になってくると、畑で野菜や作物を自動で収穫してくれるための装置や、経験値をアップさせるための装置、鉄などの特定のアイテムを発生させるための装置などをつくったりして楽しむことができます。

一人でももちろんプレイすることができますが、通信機能を使って友達と一緒にプレイしてみたり、おうちの方と一緒に協力することによってより一層楽しむことができます。

子どもだけではちょっと難しい場面も出てくるかと思いますが、最近では内容が充実した攻略本や、いろいろな方が攻略ブログを書かれているためぜひ活用してみてください。

実際に我が家の2歳の息子も私がつくった村で飼育している動物をみたり、畑で野菜を収穫してみせるととても喜んでくれます。難易度としては小学生くらいから始めるのがよいかと思うので、もう少し大きくなったら一緒に遊べるかなと楽しみにしています。

子供も大人も楽しめるプログラミング教育教材【embot】プログラミングおもちゃ

コメント

タイトルとURLをコピーしました